Tetsuroです。

今直近で最も注目を集めている「Bakkt」開設が12月から1月24日に延期されましたが、この「Bakkt」とというのはスターバックス、マイクロソフト、BCG(ボストン コンサルティング グループ)という超著名な大企業が共同で立ち上げる、新たな仮想通貨プラットフォームのということです。

https://coinpost.jp/?p=58003&from=attention_article_up

NYSE最高責任者:仮想通貨に未来はある

Consensus Invest 2018に登壇したNYSE(ニューヨーク証券取引所)の最高責任者であり、その親会社ICE(Intercontinental Exchange)のCEOJeffrey氏は、仮想通貨市場の将来について確信を見せると共に、子会社Bakktについても「機関投資家が参入する大きな転機だ」と期待を示した。

  • BakktのCEOであり、NYSE最高責任者Sprecher氏の妻であるKelly Loeffler氏
    ダウ平均株価は数十年に渡り存在しているが、必ずしも”優れた指標”とは言えない。経済状況についてより的確に表す指標の提案は可能だが、それでもダウ平均株価は存在し続けている。それと同様に、ビットコインも欠点はあるが、確かな指標として存在し続けるだろう。なぜなら、金融においてはベストなものではなく、一般に広く普及しているものが指標となるからだ。

BakktのCEOであり、NYSE最高責任者Sprecher氏の妻であるKelly Loeffler氏は「Bakkt」が機関投資家の参入のきっかけになると公において断言しております。

「Bakkt」はプロの投資家も非常に注目しています。確実に仮想通貨の市場に大きな転機が訪れるでしょう。




——————————–

ヴィタリック氏:次期大型アップデートでネットワークキャパシティは1000倍
https://coinpost.jp/?p=54146&from=tag
Ethereum Devconが閉幕
https://btcnews.jp/5dzgkgt720818/
JP Morgan、Ethereumへの期待感を表明
https://btcnews.jp/678sfja820829/
仮想通貨ビットコインの論文が公開10周年|ビットコインの歴史を振り返る
https://coinpost.jp/?p=53632&from=sokhou