Tetsuroです。

仮想通貨市場に機関投資家が参入すると以前からささやかれている。これは、仮想通貨が絡む金融商品が次々にできている状況、ETF承認に向けてSECが検討を行っている点を見れば間違いない。

ではなぜこのような期待感があるなかで、仮想通貨はこれほどまで暴落しているのか?

私はこれらは今後仮想通貨市場に参入してくる巨大な機関投資組織と現在の仮想通貨の大口保有者による意図的なシナリオだと思っている。ビットコインキャッシュのハードフォークや覇権争いもすべてシナリオの一つで今回の仮想通貨暴落のきっかけをでっち上げたに過ぎない。何も事件がなく、仮想通貨が暴落すれば不自然すぎるため、そのきっかけが必要だった。ビットコインキャッシュのハードフォークは価格操作と思わせないための暴落の根拠づくりにすぎない。仮想通貨を世の中に普及させたいという気持ちは開発者共通である。では、なぜわざわざこのような手の込んだことをして、暴落させる必要があるのか?

それは、現在の仮想通貨の大口保有者(くじら)が巨大な機関投資組織が低い価格帯で仮想通貨市場に参入できるように意図的に協力しているのだ。くじらにとっては、一時的に売りさばくことで保有量が減るが、機関投資家による市場規模の拡大は望むところで、利害関係が一致する。今後急激な上昇相場を作り出すことで、便乗する世界中の個人投資家を巻き込み、更に価値を高めようとしている。

仮想通貨が暴騰するシナリオは今、少しずつ準備が行われている。

———————————–

ヴィタリック氏:次期大型アップデートでネットワークキャパシティは1000倍
https://coinpost.jp/?p=54146&from=tag
Ethereum Devconが閉幕
https://btcnews.jp/5dzgkgt720818/
JP Morgan、Ethereumへの期待感を表明
https://btcnews.jp/678sfja820829/
仮想通貨ビットコインの論文が公開10周年|ビットコインの歴史を振り返る
https://coinpost.jp/?p=53632&from=sokhou