最近の投稿

イーサリアム【アップグレードでビタリックが価格上昇を示唆】

Tetsuroです。

イーサリアムはアップグレードによる価格上昇が期待できそうですね。開発者のビタリックが価格上昇を示唆するコメントを発しています。ちなみに、今後の最も大きな変更点は、ご存知の方も多いと思いますが、やはりマイニング方式の変更です。

マイニング方式がPOW⇒POSに全面移行しますが、POSになるとイーサリアムの保有量に応じてマイニング報酬が入る仕組みに変わります。保有していればお得なわけですから、ホルダーが増えますし、ホルダーがイーサリアムを手放しにくい状況になります。当然イーサリアムの価格は上昇トレンドに入るでしょう。

しかし、そもそも現在のBTCと同じ、POWの仕組みのままではなぜだめなのか?

POWは改ざんできないブロックチェーンの仕組みで非常に重要な役割を果たす方式です。しかし、取引結果の計算処理をマイナーに競わせ、その中で一番早く解けたマイナーだけがブロックチェーン上に記帳できマイニング報酬が払われる仕組みゆえに、報酬を受け取れたマイナー以外の他のマイナーの計算処理は結果的には無駄ということになります。非効率であることは否めないというわけです。また、マイングに莫大な電気コストがかかることもあり、計算はしたが報酬は入らないという事象が起きてしまいます。マイナーが増えていく中、マイナーたちにとっては採算がとりにくい状況が今起きています。

このような状況でPOSのように、保有量に応じてマインニングが自動分配される仕組みであれば、非常に効率的です。マイングというのは『AさんからBさんに〇ETH送付した』という取引結果をハッシュ関数というもので変換処理を行う単純作業です。処理後の結果をブロックチェーンの台帳に記入できるのが一番早く計算処理が終わったマイナーのみとなります。単純作業ゆえに作業に時間がかかるだけで答え自体は簡単で正解、不正解は一目瞭然な答えとなります。

最初から計算処理を行うマイナーを保有量に応じて振り分ければ良いという理由がなんとなくわかったのではないでしょうか。

ヴィタリック氏:次期大型アップデートでネットワークキャパシティは1000倍
https://coinpost.jp/?p=54146&from=tag
Ethereum Devconが閉幕
https://btcnews.jp/5dzgkgt720818/
JP Morgan、Ethereumへの期待感を表明
https://btcnews.jp/678sfja820829/
仮想通貨ビットコインの論文が公開10周年|ビットコインの歴史を振り返る
https://coinpost.jp/?p=53632&from=sokhou

最新ニュース配信ライン@

友だち追加

仮想通貨ハブセンター『フィンテックJAPAN』
http://bitc-tetsuro-kawauchi.jp/
ネム【今こそ買い時!このチャンスを逃すな!】
https://www.youtube.com/watch?v=tQdYOotWTSU
ビットクラブ【報酬実態/元本回収に1年7カ月もかかる!】
https://www.youtube.com/watch?v=JvzsZeFqjjg
フェイスブック始めました。
https://www.facebook.com/tetsurokawauchi.tetsurokawauchi
二段階認証アプリのリスク回避方法
http://bitc-tetsuro-kawauchi.blog.jp/archives/26215804.html

Share article:

Permalink:

Add your widget here