最近の投稿

巨額ビットコイン有する「クジラ」が眠りから覚めたか?

仮想通貨市場は元気が出そうで、出ない状況が続いていますが、近いうちにbakktのビットコイン先物取引についての発表があり、翌月にはETF承認の可否が下されます。そして、今回はビットコイン等を大量に保有するクジラが動き始めているニュースがでました。低迷相場に刺激的な起爆剤を投入してほしいね。

巨額ビットコイン有する「クジラ」が眠りから覚めた? 大口ウォレット活発化で大きな価格変動の可能性も 米調査会社

◆ボラティリティが高まった過去数年間に休眠していた長期投資家が活発化してきたようだhttps://t.co/sZj4RDrLTs via @JpCointelegraph— コインテレグラフ⚡仮想通貨ニュース (@JpCointelegraph) 2019年1月13日

最近の投稿

暗号資産ニュース【5Gの商用化で仮想通貨の利便性も向上する】

アメリカではすでに5Gが若干商用化されていますが、日本でも2019年度半ばにはプレ商用化が始まる予定です。しかし、5Gで基地局をたくさん持っているファーウェイとの連携が断たれつつある点が懸念点で、ソフトバンクもこれまでファーウェイと手を組んできたことで5Gで頭一つ抜けようと考えていただけに、現在頭を抱えている。政府の方針だが、本心は手を組みたくて仕方ないのです。

money-transfer-3588301_1920

4Gから5Gに移行することで通信速度が100倍以上になると言われていますから、スマホ決済を中心とする仮想通貨にとっても利便性が向上します。送金速度が速まることで、決済利用のシーンも増え、ウォレットも多くリリースされるでしょう。他にも自動運転や映像コンテンツのリアリティ工場など5Gの商用化は非常に楽しみである。

2019年は5G元年 車や医療のインフラに

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39455550X21C18A2X35000/

最近の投稿

暗号資産ニュース【仮想通貨で出資、規制へ 金融庁が法令改正方針】


昨年までは国内でも海外のICO案件で仮想通貨で出資する案件が多数ありました。これは、法規制がなかったためで、法規制ができる前に駆け込みで行っていた案件も含まれる。詐欺も横行したことで、金融庁は法整備を急いでいた。

今回、金商法の改正で、仮想通貨による出資を受けるにも、内閣総理大臣の登録を受けることが義務化されることになる。昨年までの何でもあり状態からやっと脱却です。

ちなみに、昨年は米国の投資会社「SENER(セナー)」への出資を募り、金商法違反(無登録営業)容疑で逮捕者が出ています。これは、一部現金で資金を回収していたことで立件できたが、仮想通貨のみであれば立件が難しかったかもしれない。この、セナ―は金持ちの間で一昨年くらいに流行っていました。私も当時、金持ちの方からこの案件は聞いていましたが、怪しさ満載だったので出資を控えました。

(SANKEIBIZ抜粋)
金融庁は、金融商品を手掛ける事業者が、現金ではなく仮想通貨で出資を募った場合も、金融商品取引法(金商法)の規制対象とする方針を固めた。金商法は無登録業者が「金銭」による出資を募ることを禁じているが、仮想通貨に関する記述はなく、法整備の遅れが課題となっていた。昨年には法の“穴”を狙い、約80億円相当の仮想通貨を無許可で集めていた問題も発覚しており、同種事案の再発防止を急ぐ。

仮想通貨で出資、規制へ 金融庁が法令改正方針
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190108/mca1901080500006-n1.htm


最近の投稿

カルダノ(ADA)のチャールズが大きな発表をほのめかす

現在カルダノエイダコインは1ADA=4.6円ほどで取引されているが、開発者のチャールズが今後大きな発表があると期待を含ませた発言をしている。イーサリアムと同様で、カルダノエイダコインもPOWからPOSへ移行するためのアップデートを繰り返している。今後の価格上昇には非常に期待できる。

【翻訳動画】カルダノ(ADA)のチャールズが大きな発表をほのめかす。今がADAの買いだめどきか。

最近の投稿

バイナンスがイーサリアムのアップグレード支援を表明

バイナンスがイーサリアムのアップグレードを支援することを表明しました。いよいよ、イーサリアムがPOWからPOSへの移行の第三段階目のコンスタンチノープルの実行に移ります。イーサリアムはまだ未完成であるにもかかわらず、直近でリップルを抜き時価総額第二位に返り咲きました。

暗号資産ニュース【「Ethereum(イーサリアム)とは」「スマートコントラクトとは」少し詳しく解説】

Binance Will Support the Upcoming Ethereum Constantinople Hard Forkhttps://t.co/Jt91lT7hdY pic.twitter.com/OTr8fNOLr8— Binance (@binance) 2019年1月3日

最近の投稿

コインチェック認可はやはり誤報だったか?

結局コインチェックの金融庁認可は年内におりませんでした。年末に日経新聞社が報じた内容が誤報だったかはわかりませんが、報道がでたことで発表のタイミングを年明けに変更したのかもしれませんね。いずれにしても、マネックスグループが全面支援して安全性を整えているにも関わらずコインチェックが認可されなければ、他の取引所も絶望的になりますから、間違いなく認可は下りるでしょう。その発表は間もなくされるのではないでしょうか。

暗号資産ニュース【金融庁コインチェックを認可は誤報か?】

thumbs-up-1999780_1920
最近の投稿

暗号資産ニュース【1月末はBakktのビットコイン先物取引開始で爆上げ期待大】

当社は12月にBakktのビットコイン先物取引が開始される予定でしたが、10月に1/24まで延期すると発表しました。その後、進捗の公表はありませんでしたが、コインポストが本日その経過を報道しています。

Bakktのビットコイン先物の申請に関して、現在CFTC(商品先物取引委員会)のスタッフが審査している最中であり、先物取引開始に向け準備が進んでいる様子がうかがえます。機関投資家の資金流入が見込める材料として、米国で仮想通貨の規制状況に詳しい弁護士のJake Chervinsky氏はBakktについて「ビットコインETFと同等の重要性を持つ」と言及していた。
bitcoin-3732876_1920
仮想通貨ビットコイン先物取引予定のBakktの進捗をWSJ報道
米国の有力経済紙WSJは本日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業であるICEが発表した仮想通貨取引所Bakktが提供する予定の現物引き渡しビットコイン先物の申請に関して、「現在CFTC(商品先物取引委員会)のスタッフが審査している最中であり、2019年初頭にはコミッショナーが投票(ボーティング)を行い、承認が出された場合、30日間におけるパブリックコメント期間が設けられるだろう」と、進捗を報じた。

最近の投稿

暗号資産ニュース【金融庁が取引所に顧客資産の全額弁済を義務付け】

金融庁が仮想通貨有識者会議の報告書で、仮想通貨取引所と交換所に顧客からの預かり資産をハッキングで失った際は全額弁済を義務付ける規制を設けると発表した。また、レバレッジをかけて売買できる証拠金取引についても規制を強化する。日本の取引所に仮想通貨を置いておけば、万が一ハッキングされても取引所が全額補償してくれるということですから、我々市民にとっては仮想通貨取引の安心感が大きくなります。今後、国会に上申し法案としてまとめる予定です。
economy-3213967_1920
金融庁:仮想通貨取引や交換業者への規制強化を求める有識者会議の報告書を発表
交換業者に対する規制では、ネット上で保管している顧客の仮想通貨に相当する金額以上の純資産や弁済原資の確保を義務化する。不正アクセスで仮想通貨が流出した場合の顧客保護を徹底させる。財務書類や取引価格情報の開示なども義務づける。取引履歴をたどれない「匿名通貨」など問題がある仮想通貨の取引を禁じるほか、扱う仮想通貨の変更を事前に届け出るよう求める。

最近の投稿

暗号資産ニュース【仮想通貨投資会社のギャラクシー・デジタル:今回の上昇相場は本物】

仮想通貨ニュースサイトのコインテレグラフは仮想通貨投資会社のギャラクシー・デジタルが20日、クライアント向けのメモの中で、今回の上昇相場は本物という見方を示した。

「小さなラリー(上昇)が続くことは、本当のラリーがすぐに起きる前触れだ。今後、より持続的な「押し目買い」の機会を生み出す。近い将来に予定されている機関投資家の参入もそれに足を与えることになるだろう」
tie-690084_1920

最近の投稿

暗号資産【金融庁コインチェックを認可は誤報か?】

暗号資産【金融庁コインチェックを認可は誤報か?】

Tetsuroです。

日経記事で思い切り、コインチェック認可という記事が出ていますが、マネックスは否定しています。
真実はどうなんでしょう?
無題

https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/bgg2wf/

《日経記事抜粋》
金融庁は19日、仮想通貨交換業者のコインチェック(東京・渋谷)を改正資金決済法に基づく登録業者に認める方針を固めた。同社は今年1月に不正なアクセスを受け、約580億円分の仮想通貨が流出した。金融庁は事件を受けて立ち入りを含む検査を進め、顧客保護などの内部管理体制が改善したと判断した。混乱が続いた仮想通貨業界が健全化に進む。

コインチェック、仮想通貨の登録業者に 金融庁

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39137400Z11C18A2MM8000/

コインチェック報道は誤報?

最近の投稿

暗号資産【先進7か国で日本の生産性は1970年以降、最下位。その理由とは?】

暗号資産【先進7か国で日本の生産性は1970年以降、最下位。その理由とは?】

Tetsuroです。

日本の生産性は先進7カ国(G7)のなかでは1970年以降、最下位の状況が続いている。この数値がどれほど信ぴょう性のあるものかわからないが、事実とするならば、サラリーマン出身者としては思い当たることが多々ある。

無意味な稟議、発表するだけの会議、必要のない説教、無駄な議論、美化される根回し、メールで済む内容の電話、メールで済む内容の直接伝達・・・。どれもはっきり言って無駄中の無駄ですが、これを良しとする日本の会社がある以上、生産性で上位に食い込むことは無理でしょう。特に大企業ほどこの文化で汚染されている。頭の固い40代以上が権力を持つ企業はまだまだこういった時代錯誤の甚だしい文化から抜けきれないのでしょう。ここは、若いみなさん、もしくは頭の柔軟な40代以上の方、諦めて合わせるか、さっさとやめちゃいましょう。

《日経記事抜粋》
日本生産性本部は19日、労働生産性の国際比較を発表した。2017年のデータから算出した日本の1時間あたりの労働生産性は47.5ドル。働き方改革による労働時間短縮の効果で16年に比べると1.4%上昇したものの、先進7カ国(G7)のなかでは1970年以降、最下位の状況が続いた。72.0ドルだった米国の7割弱の水準だ。

日本の労働生産性、1時間当たり47.5ドル 先進7カ国で最下位続く

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39142430Z11C18A2EE8000/

——————————–

ヴィタリック氏:次期大型アップデートでネットワークキャパシティは1000倍
https://coinpost.jp/?p=54146&from=tag
Ethereum Devconが閉幕
https://btcnews.jp/5dzgkgt720818/
JP Morgan、Ethereumへの期待感を表明
https://btcnews.jp/678sfja820829/
仮想通貨ビットコインの論文が公開10周年|ビットコインの歴史を振り返る
https://coinpost.jp/?p=53632&from=sokhou

最近の投稿

暗号資産【暗号資産、底値を売ったか?急上昇中!】

暗号資産【暗号資産、底値を売ったか?急上昇中!】

Tetsuroです。

暗号資産の値段が一気に吹き返していますが、底値を打って上昇に転じたのかもしれませんね。
《大物エコノミストがBTCの売りを手仕舞い》
昨年のBTC価格最高値付近で空売りを仕込んだ元IMFのマーク・ダウ氏が、18日に全て手仕舞いしたとブルームバーグが報じた。大物エコノミストが底値(中・長期の利確ポイント)だと判断したことを示唆している。

無題

仮想通貨ビットコイン過去最高値付近からのショートポジション全決済|元IMF(国際通貨基金)エコノミストが見る底値

Add your widget here